「ダンケルク」感想~やっと見てきた。~

こんにちは、かたせうみです。

公開から3週目、ずっと延び延びになっていた、『ダンケルク』を観に行ってきました。

辛うじてまだやっていた、良かった。

客席は、週末というのに空席がほとんど。

何でよっ!

ちょっと田舎ですしね、私は人が沢山いる中で映画を見るのが好きなんです。

f:id:kataseumi:20171001002640j:plain

『ダンケルク』あらすじ

 いつもは、あまり調べて映画を見る方ではないのですが、今回は戦争関連だし、背景や史実を知らないと訳分からないかなと思って、下調べしてから行きました。

 

時は第二次世界大戦、ドイツ軍に追い詰められた英・仏連合軍は、フランスの「ダンケルク」に追い詰められる。

前は海、後ろには迫るドイツ軍。

ドイツ軍に囲まれて、袋のねずみになった連合軍を、陸路で救出するのは至難の業。

残るは海路。

この、海路からの救出劇「ダイナモ作戦」を描いたのが映画『ダンケルク』です。


映画『ダンケルク』特別映像(70mmフィルム編)【HD】2017年9月9日(土)公開

「救出劇」というよりは、「撤退劇」や「殿モード」の方がしっくりくる私。

感想1

何というか、すごい映画でした。

上映時間100分ちょっと、最近の映画にしては短い方ですね。

映画は、ドキュメンタリー風に、ある意味淡々と進んでいきます 。

圧倒的にセリフが少なく、その分重く、最後まで食い入る様に見ました。

「史上最大のダイナモ作戦」なので、苦渋の決断があったり、作戦会議があったりするのかと思いきや、そういったドラマは無く、現場の絶望や諦め、かすかな期待が、迫力の映像と共に淡々と流れる100分間。

作戦や状況に関する解説や、ナレーションもありません。

それなのに、状況を把握できる構成。

全編通した寒々しい映像、何度か出てくるセリフ「故国だ」。

特に、「故国だ。」のセリフには、ジーンときます。

途中、救出に訪れる駆逐艦も、空爆や魚雷にやられ、あっけなく沈んでいきます。

本気で全員が死の淵にいるので、「国に帰ったら、結婚するんだ。」なんていう死亡フラグのセリフは、この映画には絶対出てきません。

 

久しぶりのCG無しの映像、やっぱり違う。

最近は『マーベル』とか見る事が多かったからなぁ。

※(フォロー)マーベルにはマーベルの良さがあります

何度か、列になって登場する戦闘機も、不謹慎だけど、素直に『かっこいい』と思わせます。

f:id:kataseumi:20171001002652j:plain

 史実なので書きますが、最後、撤退できた時に抱く感情は、感動なのか、安堵なのか。

派手な映画の様に、感動シーンを音楽が後押しするわけでもありません。

観終わったあと、「面白かったね~!!」という会話が似合う映画でもありません。

ただ・・・・凄かった。

・・・・・・見る事が出来て良かった。

感想2

そんなこんなで感想2です。

1は、真面目に書いたからね。

いやぁ~、救出しに来た船が、ばんばん沈むんですよ。

タイタニックみたいに、数時間持つとかいうレベルではないですわ。

もう、本当「ゼツボウ~。」

一緒に見た息子と、感想会。

いくら魚雷や空爆を受けたからって、あんなに一瞬で沈むものなのか?

したら、「駆逐艦は小さいからね。」と。

『艦これ!』大好きだから、戦艦の解説が始まった・・・・。

うんうん、長門とか睦月の話はいいからね。

それで、戦争だから、情け容赦なく人が死んでいきます。

昨日ラピュタがテレビでやってましたが、「人がゴミの様だ。」どころの話じゃありません。

途中や後半、良いシーンもあります。

が、そのシーンを大々的な『感動しなさいよ。』みたいな演出にしていない。

 

 そして、メインの二人が、ちょっと途中で見分けがつかなくなった。

ジャニタレの見分けがつかないあれと同じ。

そしてそして・・・凄いかっこいい俳優さんと、すごいかっこいい青年役が出ていた!

劇中の二人は二人とも金髪、一人は碧眼、すごい目立ってます。

大人役の方は、戦闘機「スピット・ファイア」に乗っていたものの、攻撃され海に不時着。

プレジャーボートに助けられ、その後ダンケルクでの救出を手伝う『コリンズ』役の、ジャック・ロウデン

Jack Lowden Picture

ジャック・ロウデン - Google 検索

日本では、あまり有名な俳優さんではないみたいですね。

かっこよすぎて、ツイッタ―等で騒がれていました。

劇中ではほとんど飛行服に身を包んでいるんですが、最後に脱いだら、下は軍服。

ひゃあぁ~・・・・・かっこいい~・・・エリートっぽい~って感じです。

 

 青年役の方は、割と始めから映画に出ています。

 

イギリスから、ダンケルクの救出に参加するプレジャーボートのオーナーの、息子役です。

後に、上記のコリンズも助ける事となる、『ピーター』役のトム・グリン=カーニーです。

画像検索結果

トム・グリン=カーニー - Google 検索

この写真、すっごく映りが悪いですから!!

何故この写真が宣材なんだ!

彼は、『ダンケルク』が映画デビューです。

元々舞台をやってたみたいですね。

いかにも育ちの良いイギリスのお坊ちゃん風の役です。

息子にはあのセーター着せよう!とか思っちゃいました(#^.^#)

この二人は、『ダンケルク』の清涼剤かもしれませんね~。

 

9月から公開中の『ダンケルク』、間もなく終了となりそうですが、こんな感想でも興味をもたれた方は、行ってみてはいかがでしょうか?

 

読んでいただき、有難うございました。