『エイリアン:コヴェナント』見てきたけど、感想書けない。

こんにちは、かたせうみです。

息子と『エイリアン:コヴェナント』観てきました。

『ダンケルク』と迷いましたが、ブログに書く事考えて、公開日から日の浅い『エイリアン』の方を優先しました。

・・・・計算高いですね。

公式の予告篇です。

 


映画『エイリアン:コヴェナント』予告A

『エイリアン』は、私が子供の頃に公開された。

 

『エイリアン』第一作目は、私が子供の頃に公開されました。

この時の映画では、確かエイリアンの全身を写したカットはありません。

宇宙船という閉塞的な空間の中での恐怖。

少ししか見えないエイリアンが、一層怖さを引き立てます。

監督は、今回と同じくリドリー・スコット。

最近では『オデッセイ』とか監督してますね、『ブレードランナー』も監督しています。

2作目は、ジェイムズ・キャメロンが監督していました。

有名な『タイタニック』や『ターミネーター』の監督です。

2作目は、エイリアンがばんばん出てきて、アクションも派手派手でした。

両作品にもアンドロイドが同乗しています。

1作目は、アンドロイドだと言う事を隠して乗船、エイリアンを捕獲する為会社が乗せた裏切り者。

2作目は、人間に忠実で、疑られながらも、職務を全うする役柄です。

私が見たのは、この辺まで。

『エイリアン』は、3と4もありますが、見ていません。

この作品を見るにあたって

エイリアンシリーズには、『プロメテウス』という、同監督の作品があるので、「これから『コヴェナント』を観る予定だけど、『プロメテウス』は観ていないや。」という方は、DVDを借りてから行った方がいいと思います。

私は、知らずに行って、少し後悔したので。

 


「プロメテウス」2013/1/9 ブルーレイ&DVD発売!

感想が・・・書けない・・・・

 で、感想書こうと思ったんですが、く・・・苦しい、書けない。

ネタバレはしない主義だし、そうすると上手く文章に纏まらないんですよ。

産みの苦しみ?

文章下手だなぁ・・・私・・・。

あらすじ

なので、少しあらすじを説明します。

地球以外の住める惑星「オリガエ6」に入植する為、入植者と、冷凍保存された受精卵を積んだ宇宙船「コヴェナント号」。

途中で事故に遭ったため、偶然見つけた「地球に似ている」惑星に進路を変更します。

しかしそれは、見つけたのではなく、計画的に呼ばれたのです。

そこには・・・・!

きゃ~!!

と、ここまでがあらすじです。

率直な感想

そんな私の率直な感想ですが、かなり直接的に怖いシーンが多いです。

想像以上に怖かった(;一_一)

血しぶきは飛ぶし、血のりはべったり、船は爆発するわ、死体はぐちゃぐちゃ。

何か、こういう映画を撮る監督だったっけ?

私の知識が不足してたかな??

エイリアンもかなりな生物と化しています。

始めは、白くて、ぬるぬるで、のっぺらぼうで、気持ち悪い。

C級映画に出てきそうなフォルムです。

 

そして、今回もアンドロイドが同乗していますが、『ブレードランナー』で表現されていた、レプリカントの悲哀に通じるものも全編で感じさせます。

この映画を見て思い出したもの

進路を変更して到着した惑星に、かつて栄えた文明の残骸があるんですが、この街並み、「FFⅩ」の『ザナルカンド』に似ているのです。

息子に言ったら

「FF好き過ぎなだけでしょ!何言ってんの。」

と言われました。

ネットで見てみても、話題にしている人はいないみたい。

でも、あの映像を見た時、一瞬で『ザナルカンド』と思ったのです。

それと、ネタバレになると困るので、詳しくは書けませんが、途中、「ジェダイキター!??」

という箇所あり。

最後の最後、「・・・・・・・、ピッコロ大魔王?」

と思ったのは、私だけではないと思うんですが。

 

さて、スコット監督、10月には『ブレードランナー2049』が控えています。

絶対見に行きますが、個人的には大好きなハリソン・フォードが色々な意味で心配です。

ハリソン様、だいじょうぶかな~?