進研ゼミの広告が、時代を反映しすぎていて大笑いの件

こんにちは、かたせうみです。

我が家には、中3の子供がいるので、『進研ゼミ』から頻繁にダイレクトメールが来ます。

中には必ず小冊子の漫画が入っているのですが、8月の後半に来たものはかなり振り切っていたので、勝手に紹介しちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

 

進研ゼミとは

 

『進研ゼミ』は、小中学生~大学受験までカバーしている、通信教育。

テレビでもCMしているし、広告活動に熱心な会社なので、お子さんがいる家庭なら知らない方はいないのでは??

私が子供の頃には既にあった気がします。

ダイレクトメールは、葉書の他、封筒の場合も多く、体験教材が入っている事も多いです。

古いカード(レター)

体験教材の他には、必ず漫画冊子が入っている。

漫画の内容ですが、送り先の子供の学年や、性別で分かれた内容で芸が細かいんですよ。

ちょっとずつ内容は変わりますが、概して内容はこんな感じです。

漫画の内容

  1. 進学して、部活とかに忙しい主人公A
  2. 少し前まで成績が良かったのに、テストの成績が落ちて焦る。
  3. 親に「塾に行く?」と言われて悩む。
  4. 信頼している先輩、もしくはクラスの秀才君、または、同じ部活で、成績も一緒位だったのに、急に成績が上がったお友達Bに『進研ゼミ』のアドバイスを貰う。
  5. タイムリーに、郵便で来ていた『進研ゼミ』の冊子を見つけ、読みふける。
  6. 親に申し込んで欲しいと頼みこむ。
  7. 1日15分の振り返りで、苦手も克服。これなら部活をやりながらでも大丈夫!!と熱く親を説得。
  8. 親、「塾より安いわね。」と納得。
  9. 成績が上がる
  10. これで、中学生になっても怖くない。とか、志望校に近づいた!!みたいな締めくくりで、Bとピースサイン。

今回もこんな感じでまとまっているのかと思ったら、これがなかなか。

 タイムマシーンがあったら、過去の私にこう言ってあげたい

 

始まりはこんなオープニング。

さすがに中3生ともなると、今っぽく、キャッチーな扉でないと、読んでもらえないんでしょう。

例によって、主人公は受験が近づいているのに、志望校レベルまで成績が達していない事に悩んでいます。

f:id:kataseumi:20170905231732j:plain

クラスのアイドル、リナちゃんだそうです。主人公は吹奏楽部を引退し、憧れの先輩がいる偏差値高めの学校を目指しています。

この後、成績の上がらない自分を嘆き、落ち込みながら歩いていた所・・・・・・

ゴツンッ!!

f:id:kataseumi:20170905232053j:plain

典型的な「ボーイ・ミーツ・ガール」ですわよ。

何と、たまたま道を歩いていて、ぶつかった相手が憧れの志望校「河高」ブラスバンド部の方々。

・・・・・・とても吹奏楽部に見えないいんですが・・・・偏見ですか?

冊子の中では、明らかに男子しか出てこないんですが・・・。

この後、お詫びにアイスを奢ってもらう

この後、お詫びと称し、ブラバンの人たちは、主人公にアイスを奢ってあげます。

そして、主人公は、「河高に入学してブラバン部に入りたい」事や、悩みを聞いてもらう事に・・・。

少女漫画的展開は、今も昔も変わらず。

 家に帰って、「進研ゼミ」の冊子を見つける。

この辺は、この冊子の定番の流れです。

親も説得し、進研ゼミの総仕上げ講座を受ける事に・・・・。

f:id:kataseumi:20170905232233j:plain

この時期になると、進研ゼミだけでは間に合わないようですね(^_^;)

主人公は既に塾に通っている設定です。

因みに、学年のアイドル「リナちゃん」も同じ塾みたいですよ。

f:id:kataseumi:20170905232014j:plain

何と!あのリナちゃんも進研ゼミをやっていた。

ゼミをきっかけに、リナちゃんとも仲良くなれました。

河高の文化祭にも行ったよ

ゼミで効果が出始めた主人公、本格的に志望校を決めます。

そして、河高の文化祭。

あの、キラキラブラバン部の人達は、顔を覚えていてくれた!!

f:id:kataseumi:20170905231811j:plain

記念撮影してもらう。

撮り方が今風ですね。

そんなこんなで、合格おめでとう

話は、まだあと少し続くんですが、通信講座の広告ですから、受験には合格します。

すると・・・待っていたのは河高ブラバン部の方々。

f:id:kataseumi:20170910011913j:plain

この、見事なまでに、今はやりのキャラクターに分別されている所が大笑い。

ソシャゲーかな?

王子様をおとすあれか????

とにかく、今回の冊子は、家族中に大ウケ!!

f:id:kataseumi:20170906003807j:plain

始めから頑張っていた リナちゃんは、一番難しい高校に合格した様です。

いやぁ、ウケた。

色々考えてくるなぁ。

話が続けば、主人公の高校生活はやっかみの嵐ですな、と、これは大きなお世話かな?

結局、主人公は、あの日の私に

「夢に向かって頑張れば、今からでも大丈夫だよ。」って言ってあげたかったみたいですね。

これだけいじっちゃったけど

これだけいじりましたが、『進研ゼミ』、教材としては、分かりやすいし、テスト範囲や予想問題の的中率も高い、優秀な教材なんですよ。

但し、通信の一番の弱点

「やらなくなる。」を克服すればですけれどね。

 読んでいただき、有難うございました。