まだ間に合う?!夏休み自由研究

こんにちは、かたせうみです。

北海道は、あと2~3日で夏休みが終わりますが、本州ではまだ2週間近く残っている事でしょう。

自由研究、終わりました?

我が家はスケルトン卵を作りました。

作っただけでは小学生の自由研究なので、中学生でも許される範囲にグレードアップを図りましたので、リポートします。

 

スケルトン卵ってなんぞや?

 

夏休みも終わりかけの8月初旬、「理科の自由研究どうしよう~?」

と、まるで、ちびまるこちゃんやカツオ君みたいな我が家の娘。

 

は?今ですか?

 

「自分で考えろ!!」と言ったら、ネットからこんなのを引っ張ってきました。

 

プヨ玉:お酢に卵を漬けておくと、殻が溶けて、内膜だけが残りぷよぷよで半透明の卵が出来るらしいです。

 

写真を見てみると綺麗・・面白そう。

こんなの。(我が家の実験後の写真)

    f:id:kataseumi:20170816223118j:plain

実験系の自由研究ですが、『やってみた』だけでは、さすがにまずいんじゃない??

という事で、中学生テイストの研究に仕上げる事に。

日にちもないので、効率よくいきます!

 

自由研究順序

 

まずは、自由研究の順序を説明します。

 

1、スケルトン卵準備

 

スケルトン卵を作ります。

出来るまで2~3日かかります。

ウズラの卵だと早いみたいですが、一般的な鶏卵の方が面白いと思います。

準備するもの
  • ビンや湯呑み(写真を撮ったり、眺めたりするのには、やはりガラスの大きな瓶がおすすめです。たまごがかなり大きくなるので、ビンの口は大きい物を準備して下さい。)
  • 穀物酢。(米酢とかでもいいけど高い)

  以上。簡単。

 作り方
  1. ビンに卵をそっと入れる。割らないように注意
  2. 卵を入れたビンにお酢を満たす。
  3. お酢臭いので、ラップで蓋をする。
  4. 2~3日放置、適宜写真を撮る。

  以上。

※ お酢を入れると、割と早い段階でしゅわしゅわと勢いよく泡立ってきます。最初のハイライトなので、忘れずにカメラに収めてください。

 

2レポートを作る

 

 お酢に漬けたら放置なので、その間にレポートを完成させちゃいましょう。

既に結果が出ている物の検証ですし、失敗の確率低いですから。

手書きレポートの場合は、写真スペースを空けてレイアウトしていきましょう。

 

レポートの作成

 

研究に欠かせないレポートの作成です。

ネットですぐに引っ掛かるこの実験、レポートの善し悪しが天下の分け目ですよ!

以下は、参考まで。

 

 実験の目的や、用意する物の記載。

 

この実験は、「卵の殻は炭酸カルシウムでできていて、お酢に溶ける性質を持っている。

内側の卵膜はたんぱく質で出来ていて、お酢に溶けないため、殻は溶け、卵膜が残るため、半透明の卵が出来る。」という事を証明する実験です。

 

 ですから、実験の説明と共に、卵の主成分や栄養素の説明と、名称を図解付きで添付するといいかもしれません。手作り感を出して、「コピペじゃありませんよ。」とアピールです。

        f:id:kataseumi:20170816223127j:plain

用意する物の写真

     f:id:kataseumi:20170813155312j:plain

 

実験の手順を書いていく

 

 手描きの場合は、実験の手順を書いていき、時間毎の写真を入れるスペースを作ります。

写真欄の横に、2~3行のレポートや感想が書ける罫線をつけると良いでしょう。

写真の数としては、これ位あれば、変化が分かります。

  1. 漬けてすぐ
  2. 3時間後
  3. 一日後
  4. 混ぜた時の写真
  5. 出来上がり

PCで作成する場合は、どうにでもなるので、ベタ打ちで作っちゃってもいいでしょう。

 

写真例

 

では、我が家で撮影した、写真例です。

 漬けてすぐ。卵の殻に気泡がつき、お酢と反応して、勢いよく泡がたちます。

溶け始めた殻が浮いてきます。

f:id:kataseumi:20170813155318j:plain f:id:kataseumi:20170813155319j:plain

結構なハイライトシーンです。二酸化炭素が発生しています。

暫くすると、大人しくなるので、他の勉強しましょう。

       f:id:kataseumi:20170813155315j:plain

「暫く置きます」の写真

   f:id:kataseumi:20170816223111j:plain

1日経過・・・・・。何か、一部薄い所が出来ている???

この後、お酢を取り替えました。

   f:id:kataseumi:20170816223113j:plain

2日位すると、卵は半透明に・・。

途中、優しくお箸で混ぜてあげて下さい。

溶け方が足らない時は、お酢を入れ変えます。

f:id:kataseumi:20170816223117j:plain

出来上がり、ぷよぷよ加減を写真に収めましょう。やりすぎると潰れます。

     f:id:kataseumi:20170816223116j:plain

わ~、綺麗。 

     f:id:kataseumi:20170816223120j:plain

浸透圧で卵が水を含み、かなり大きくなります。比較写真も忘れずに。

浸透圧についても注釈を入れて、説明するとグッドかも。

     f:id:kataseumi:20170816223124j:plain

 下からライトで照らすとインテリアみたい。

 

注意点

 

危険を伴ったり、失敗する事が多い実験ではないですが、注意点が少しあります。

 

お酢がにおう

 

 お酢がね、ツ~ンと臭うんですよ。ビンの口にはラップをして密閉して下さい。二酸化炭素が発生して、膨張するので、蓋を閉めるのは止めた方がいいと思います。

 

ビンから卵が出ない

 

出来上がると、本当に一回り以上卵は大きくなります。ビンから出なくなる事もあるので、ビンは必ず大きい物を!

無理に出すと、つぶれてまたやり直しです。

       f:id:kataseumi:20170816223115j:plain

こんな風に・・・いやぁ~~~!!

この後、油を流して滑らせて、何とか取り出しました。

 

+αの要素

 

 小学生の自由研究なら、出来上がりと、その経過で充分提出できると思います。

しかし、中学生ともなると、もうひと押し欲しい!

という事で、先に卵の成分や断面図の作成を勧めましたが、もうひとつ、「化学反応式」を加えてみましょう。

 

化学反応式

 

ちょっと難しくなるので、レポートには素直に「化学反応式を調べた結果」として、ネットや本を引用している事を断った方が、好感触かもしれませんね。

 

式では、この様になるみたいです。

CaCO3+2CH3COOH → 

        (CH3COO)2Ca+H2O+CO2

おっと、急に難しい感じに・・・わけわかめです。

 

しかし、CaCOは、卵の殻の部分『炭酸カルシウム』の化学式です。」と、解説を入れてみると、何だか、分かったような気がしてきます。

続いてCHCOOHとは、『酢酸』今回使用したお酢の事です。」と解説。

 

という事は、上の化学反応式は、炭酸カルシウム(卵の殻)が、酢酸(お酢)と反応した結果、『酢酸カルシウム(卵の殻が溶けたお酢の溶液の事)』と水と二酸化炭素に分解された。

となる訳です。

 

途中、溶け方が悪くなるのは、水と二酸化炭素が出来るため、お酢が薄くなってしまうからなんですね。

卵を入れた時、勢いよく出た泡、あれが二酸化炭素です。

こんな感じで解説付きで表すと分かりやすいんではないでしょうか?

 

CaCO  +   CHCOOH

卵の殻(炭酸カルシウム)     酢酸(お酢)

 最後に

 

と、まるで自分の自由研究の様に書きましたが、娘はここまでやってません(^_^;)

化学式は書かせました。

レポートはwordで作成してますが、何とポイントは20ポイントです。

ありえないので、14ポイントにさせました。(○○枚以上の縛りがあるらしい)

出来上がった卵を見て、一番喜んだのは息子。

 

わ~、俺、一度これやってみたかったんだよな~!!

 

 

だって。

言えばやらせてあげたのに。

最後は「美味しく頂きました」があれば良いんでしょうが、我が家の卵はまだ冷蔵庫の中です。

読んでいただき、有難うございました。

スポンサーリンク