終戦記念日に思う

8月15日、終戦記念日だ。

お昼のサイレンも、いつもの倍以上長く鳴り響く。甲子園でもサイレンと共に黙祷が行われ、総理大臣もお参りする。

 

私は戦争を知らない。

戦争が終わって私は生まれたし、戦争を知らずに私は育った。

そして、大人になって平和の歌を口ずさみながら歩いている、戦争知らない、かつての子供達だ。

 

終戦記念の特番も減って、かつて日本が戦争をしていた事を知らない子供もいると言う。

 

私の亡くなった祖母は明治生まれ。

戦争どころか、関東大震災の経験者だ。

亡くなった祖父は、勿論戦争に参加していて、亡くなるまで、頭蓋骨に銃弾が残っていた。

祖母からは、それはそれは事あるごとに、繰り言の様に戦争の話を聞かされた。でも、その話の生々しさから、鬱陶しいとは思わずに、毎回毎回話に引き込まれた。

 

従軍慰安婦は無かった・・・・・・。

南京虐殺は嘘だった・・・・・・・。

 

そんな事は私は知らない、だって、見ていないから。

昔『アウシュビッツは嘘だった』と書いて、雑誌を廃刊にした編集者がいた。

でも、私は知らない、見ていないから・・・・。

 

戦後、殺人事件は減少しているが、いやな事件が増えていて、明らかに住みにくくなっている。

それはそう思う、私は今を生きているから。

若者は平和ボケをしている。

私もそうは思う。

 

でも、だからと言って、昔だけが良かったのか?

 

私は確かに聞いた、戦争を体験した祖母からの生の話を。

今、これからこの国が何処へ向かうのか分からないが、少なくとも今は、言葉を奪われ、国の為に死ぬのが善しとされた時代ではない。

ましてや、魔女狩りで公開死刑を楽しんだ、集団ヒステリーの時代よりはましな時代だと思っている。

祖母は言っていた、「アメリカに最後負けるまで、日本は強かったんだよ。」と。

真実の程は定かではないが、『まぁ、何て情報操作されていた時代だった事よ。』と大人になってから思った。

 

今や、教育レベルが上がり、自ら欲すれば情報を簡単に得られる手段がある中で、そんな時代は来ないと信じている。

いや、絶対に来てほしくないのだ。

愛国心が無いわけではない。

この国がよくなる事には協力したい。

自衛隊の方々には、自衛してほしいと思うし、災害の時は『整っている国に生まれてよかった』と素直に思っている。

ただ、私は、国の為に死ぬのは違うと思う。

「そんな平和主義の理想論、実際に攻められたら、誰が守るの。」

そんな事も言われた事がある。

でも、しかし。

ただ、私は、大事な人達をそんな事で失いたくないだけなのだ。

 

読んで下さった方は、有難うございました。