札幌夏まつり!ビアガーデン~ゴールデンカムイ小樽の旅④

こんにちは、かたせうみです。

大通りのビアガーデン、すすきのと楽しんで、本日は『ゴールデンカムイ』の聖地巡礼・・・ではなくて、小樽の紹介をしたいと思います。

大通り公園ビアガーデンと、すすきのの夜はこちらです。 

www.kataseumi.com

www.kataseumi.com

 小樽へ向けて 

普段は昼過ぎまで寝ていても、旅行の時はしっかり起きます。

朝食だって頂いちゃうもんね。と、いそいそとレストランに行ったは良いものの、凄く混んでる!おひとり様なのに、座る所さえない!

いや~、部屋数に対して、絶対的な席の少なさ。

メニューも執着するほどではなかったので、ここでチェックアウト。

なかなか良いホテルだっただけに、最後残念でした。

小樽へ出発

車を出して、札幌駅に移動させます。

今日は、のんびり札幌からJRに乗り込み、良い旅夢気分してみたいと思います。

札幌、大通りには、1日上限料金が設けられているパーキングがいくつもあります。

大通りの方が安いけど、多分帰りが疲れるので、札幌駅周辺の駐車場を探します。駅近は高いよ。

JRへ

列車到着、この電車に乗りま~す。北海道では、あまり「電車」とはいわず、「JR」や「地下鉄」等と呼びます。ご年配は未だに「汽車」と呼んでいます。味があるね。

      f:id:kataseumi:20170803012619j:plain

      f:id:kataseumi:20170803012620j:plain

札幌から640円、所要時間30分強。昔ながらのボックス席の車両は少なくなり、今やロングシートが主流です。

乗り物に乗ると、すぐに眠くなる私。運転しないとこれが楽・・・・お休みなさい。

手稲を抜けると

15分位で頑張って起きた! 札幌から小樽に向かって、手稲を抜けると、眼下に海が広がって景色が変わります。

f:id:kataseumi:20170803020819j:plain

北海道でも泳げます。地元の子しか来ない海。水はとてもきれいです。

f:id:kataseumi:20170803020818j:plain

車窓からの風景は、小樽へ向かう時よりも、帰りの方がいい景色です。写真は全部、行きの風景。

小樽到着

f:id:kataseumi:20170803020821j:plain

小樽に到着しました。

f:id:kataseumi:20170803020822j:plain

駅を降りると、バスターミナルがあり、海も見えます。小樽運河までは、海へ向かって600メートル。

近代的な建物と、昭和な建物、明治、大正ロマンを感じさせる建物が混在しています。

本日のルートは

小樽駅から、日銀通りを抜けて、小樽運河迄出たら堺町通りを見学。そのまま抜けると南小樽駅が近いです。

お腹空いたので、駅すぐのさんかく市場でご飯

     f:id:kataseumi:20170803020823j:plain

駅を降りて、左を見ると三角市場。ちょっと覗いてみます。

     f:id:kataseumi:20170803020824j:plain

細い道に、果物、魚、食堂が軒を連ねます。観光客相手ですが、地元民も来ます。

因みに、この手の市場は北海道なら結構あります。

f:id:kataseumi:20170803020828j:plain

f:id:kataseumi:20170803020825j:plain

北海道と言えば、生きてるカニとかボタンエビでしょう。

でも、カニは自宅の鍋でおいしく茹でるのは至難の業。

大鍋で茹でないと、お湯の温度が下がり、なかなか美味しく茹でる事ができません。美味しいのはやはり浜茹でですよ。

市場のお兄さんが、観光客と中国語で話しています。その商売根性素晴らしい!!

そして、イカが、イカが!

素晴らしくいいイカが売っていました。石狩湾で揚がったばかりの、大きくて真っ黒の朝ぜりイカ。でも今日は買えない・・・・・車じゃないし、これから観光・・・残念。

ケースで買いたい。

朝食べていないので、ちょっと早目の昼食です

お腹空き過ぎ。

色々見たけど結構高いな、やっぱり観光客相手なんだな。

と思いつつ、もう運河まで歩けないし、ハーフ丼があるここで食事にします。

お腹が空いて、力が出ないよォ~・・・・。

    f:id:kataseumi:20170803020827j:plain

    f:id:kataseumi:20170803020826j:plain

ウニ丼ハーフ、1800円。

正直に書きます。

不味くは無い・・・・、でも、少し足を延ばして積丹に行けば、もっと安くてもっともっと美味しいウニ丼が食べられます。

北海道に暮らして20年、これ以上は・・・察して下さい。

     f:id:kataseumi:20170803020833j:plain

普通に歩いて、普通の店ならこの位の値段で、普通に美味しいランチ食べられます。

うにてんこ盛りとかは無いでしょうが。

日銀通りを運河に向かって

私が最近一番好きな漫画『ゴールデンカムイ』。日露戦争帰りの杉元佐一が、ひょんな事からアイヌの女の子と知り合い、一緒にアイヌの財宝を探す物語です。

そして、前半の舞台が小樽なんですよ~!

f:id:kataseumi:20170810185447j:plain

随所に出てくるアイヌ文化や、魅力的な人物が巧みに描かれていて読み手を飽きさせません。

小樽は海側の観光地の他、山側にも公園や天狗山等の展望台があり、山側の展望台からは、これに近い風景を見る事ができます。

ジャンプコミックスですから、文芸ものではありませんよ、念の為(*^_^*)

日銀通りを運河に向かうと、『手宮線跡地』があります。

手宮線とは、石炭の輸送等の為、国内3番目に開通した路線です。この跡地には、廃線となった今でも、線路がそのまま残された公園になっています。

f:id:kataseumi:20170803020834j:plain

小学生が水筒下げて歩けば、『スタンドバイミー』ごっこができますね。

ここから、旧日銀や、『ゴールデンカムイ』で、土方歳三が襲った銀行を見に行きます。

⑤につづきます。

読んで頂き、有難うございました。