札幌夏まつり!ビアガーデン~ゴールデンカムイ小樽の旅③

こんにちは、かたせうみです。

大通り公園ビアガーデンを出て、ホテルにチェックインしました。

一旦休憩。

フロントの人、『この人昼から酒臭いな~。』とか思わなかったかな。

夜は、友人を呼び出してご飯を食べます。

すすきの、超久しぶり(*^_^*)

まずは開陽亭すすきの本店へ

 

すすきのには沢山いい店があるのですが、もし、道外から初めて来て、お店に迷うなら、ここがお勧めです。

www.kaiyoutei.co.jp

お値段は、「少し高い居酒屋」と言う表現がいいでしょう。

家族連れも多く、週末は混みあうので予約がいいと思います。

札幌には数店舗あり、本店は函館の五稜郭町にあります。

カニ専門店より安く、北海道らしい美味しい海鮮が食べられます。

東横インから歩いて10分、『開陽亭』到着

f:id:kataseumi:20170803012604j:plain f:id:kataseumi:20170803012605j:plain

まずは乾杯、サッポロクラッシックです。

f:id:kataseumi:20170803012606j:plain

開陽亭の売り、活イカ刺身。

下足は、後で天婦羅、塩焼き、お刺身で、好きな物に作ってくれます。

でもでも、お品書きにも書いてありましたが、小さい!!イカ、やっぱり不漁ですか?

本当は、もっと大きくてワタも立派です。真イカの本領発揮できず残念。

f:id:kataseumi:20170803012607j:plain

 カニサラダ。

昼間ジンギスカンだったので、野菜を投入。

f:id:kataseumi:20170803012608j:plain

ホヤのお刺身。

臭くありませんし、エグ味もありません。昔本州で食べた物とは全く違います。

他にも、イクラ丼、ウニ丼、カニクリームコロッケ、ザンギ(鶏のから揚げの事)や、焼き鳥とか沢山あります。

おすすめは、「うにぎり」ウニのおにぎりですよ!大きさも選べて美味しいです!

食が細くなりつつある、女子二人での食事の為、ボリュームのない写真しかなく申しわけない。

食べログ

2軒目へ行きますよ

 

とりあえず、食事を済ませ、2軒目へ。

すすきのといえば、ニッカのこの看板は、外せません。

この看板、背景色が変わりますよ~。

  f:id:kataseumi:20170803012611j:plain

向うに見える東横イン、てっきりあそこに予約したと思っていた・・・・・・・。

      f:id:kataseumi:20170803012610j:plain

サッポロビールの看板

f:id:kataseumi:20170803012614j:plain

アサヒの看板。

ず~っと昔、確かこの看板には缶ビールのオブジェはなく、ジョッキを模したものだった。

スーパードライの大当たりでこの様な形に・・・。

昔の方が好きだった。

f:id:kataseumi:20170803012612j:plain

シックな路面店、Bar WADURO -和道-にきました。

 

 「開陽亭」を出ると、ベトナムビール「タイガー」の看板が飾ってあるお店や、お洒落なバルがありますが、今日は新規開拓。

友人が前から目をつけていたお店、『BAR WADURO』に来ました。

フレッシュな果物や、野菜を使ったカクテルが楽しめます。
bar-maduro.com

f:id:kataseumi:20170803012616j:plain

食べログ

すすきのの通りを眺めながらゆっくり過ごせます。

グラスも凝っていて、目を楽しませてくれます。

ここの売りは「飲むエステカクテル」

カウンターには、旬の果物が並んでいて、ハーブを組み合わせてカクテルを作ってくれます。

写真右側のカクテルは「小松菜のソルティードック(だったかな?)」

白い泡は、お塩です。

口に運ぶと、青臭いにおい(子供の頃、草を潰して遊んだ時の臭い。)がして『うえっ!』となりますが・・・・、味はくせがなく、さらっとしていて凄く美味しい。

始めに塩のしょっぱさがきて、次にレモンの様な、柑橘系の味がします。

香りだけが、菜っ葉の匂い。

次の日のデトックス効果も凄かった。

おつまみに頼んだチョコレートも、厳選された、お酒に合う高級チョコレートでした。

機会があったら、行ってみてください。

今日は平日、友人は明日も仕事なので、早目に引き揚げます。

時間に余裕もあったので、ホテルの大浴場でゆっくりしましょう。

何と、「東横インすすきの南」には、大浴場があったのです。浴場は、小さめですが混んでいなかったので快適です。しかも、マッサージ機無料!天国。

明日はいよいよ小樽です。

読んでいただき有難うございました。

④へ続きます。