札幌夏まつり!ビアガーデン~ゴールデンカムイ小樽の旅②

こんにちは、かたせうみです。

大通り公園のビアガーデンを目指して、札幌・小樽一人旅。家族の大ブーイングを浴びながら敢行中です。

ホテルに車を置き、後顧の憂いが無くなった所で、大通りに向かいます。

 

大通り公園到着

 

すすきのの端から歩いて、大通り公園に到着しました。

ピンヒールで歩いて、足が痛いです~。

テレビ塔のふもとにサッポロの看板が見えますが、あちらもビアガーデンです。ただ、大通り公園ビアガーデンとは違います。

夏まつりビアガーデン会場は、この方向から、くるりと正反対を向き、公園内を歩くとはじまります。

f:id:kataseumi:20170803012529j:plain

大通り公園ビアガーデンについて

 

ここからは、独断と偏見が入り交じったレポートをさせて頂きます。

札幌ビアガーデンは、ビアガーデンとしては国内有数の規模を誇っています。

期間は7月20日~8月17日と意外に短く、足早に去る北海道の夏を象徴しているかのようですね。

(小中学校の夏休みも、これ位で終わる。)

そして、このビアガーデン最大の特徴は、『各ビール会社毎に、ブースが分かれている』と言う事ではないでしょうか。

お気に入りの会社に行くも良し、はしごするのも良し。

土日や、お昼の時間帯ならファミリーも多く楽しんでいて、ソフトドリンクもちゃんとあります。

それでは、テレビ塔に背を向けて、各ブースのご紹介を致します。

sapporo-natsu.com

    f:id:kataseumi:20170803012530j:plain

大通り名物とうきびワゴン。オススメは、「焼きとうきび」です。

自宅のお土産に買って、JRや地下鉄に乗ると、かなりのいい匂いをさせるので、ご注意ください。

 

サントリー

 

 大通り公園を歩き始めて、一番最初にあるのが、『サントリー』のブースです。

大画面イチロー・・・・・なんかずるくない?

f:id:kataseumi:20170803012553j:plain

f:id:kataseumi:20170803012531j:plain

青を基調にした、こじゃれた装飾です。

f:id:kataseumi:20170803012532j:plain

サントリーといえば、このバルーン。

夜は明かりが灯り、雰囲気抜群です。

f:id:kataseumi:20170803012533j:plain f:id:kataseumi:20170803012534j:plain

ビールメニュー。

各ブース、通常のビール以外に、限定品もあり、目移りしてしまいます。

サントリーは、『プレミアムモルツ』のジョッキの他、『プレミアム超達人店カウンター』と言う所があり、そこで頼むと、ステムタイプのグラスに、研修を受けた達人に注いでもらう事ができます。

f:id:kataseumi:20170803012555j:plain

 プレモルのCMで、矢沢永吉がオススメしてた時期がありますよね。

サントリーのユニフォームは、ブルーのマリンルックでさわやかに決めています。

f:id:kataseumi:20170807222500j:plain

 予約もできる有料席。

達人のビールと、オードブルつきです。

全体的に、ブルーやホワイトのテーブルクロスがかけてあったりと、お洒落。

『うちらお洒落な洋酒の会社だぜ。』的なプライドを、そこはかとなく感じます。

さすが、過去何回もCM大賞とっただけある拘りですね。予約席は、海の家をイメージしているようです。

BGMも、オシャレ系の洋楽がかかっています。

数年前までは、ちょっと空いてるブースだったんですが、今は他のブースと遜色なくお客様が入っています。

プレモル大当たり。

 

アサヒビール

 

サントリーを抜けると、『アサヒビール』があります。今や日本一を誇る『スーパードライ』の会社ですね。

f:id:kataseumi:20170803012558j:plain

f:id:kataseumi:20170803012537j:plain

 アサヒは、大通り公園で最も木陰となる場所にブースを構えています。

天然のパラソルがあるので、屋根を設けている部分は少なめ。

森林浴の出来るビアガーデンブースですね、木陰は気持ちいいです。

f:id:kataseumi:20170803012539j:plain

ここの売りは『エクストラコールド』。この夏発売の『瞬間辛口』もあります。

f:id:kataseumi:20170803012538j:plain

フードコーナー。

全体的にモノトーンで統一されていて、骨太な感じです。

f:id:kataseumi:20170803012552j:plain

 ビアサーバー。ぬるくならないようになっています。

他3社のビアサーバーは、外からビールが見えますが、アサヒだけは外からビールが見えません。品質重視でしょうか。

BGMは、ちょっと体育会系洋楽。アサヒのコマーシャルでかかるような感じ。私が通った時は『アイ・オブ・ザ・タイガー(ロッキー3のテーマソング)』がかかっていて、噴きました。

 

キリンビール

f:id:kataseumi:20170803012540j:plain

やってきました『キリン』のブース。今日は、ここと『サッポロ』が一番混んでいます。

キリンはやはり黄色が基調。テントはグリーンと、少し高級感が出ました。

f:id:kataseumi:20170803012542j:plain

 メニュー。やはり売りは一番搾り。プレミアムもあります。

フローズンの他に、バブル世代には懐かしい、「ハーフ&ハーフ」も飲む事ができます。

         f:id:kataseumi:20170803012543j:plain

3名以上で予約席。

ビール一杯とオードブルつき。夕方からは凄く混雑するので、ちょっと割高ですが、こういう手もありですかね。

※写真はどこも空いていますが、今日、平日火曜日の午後1時ですから!

そして、ここで最も人気があるのは「タワーピッチャー」です。

夕方ともなると、サラリーマンや観光客、学生のグループらがこれを頼み、会場から、にょきにょきと沢山生えるタワーピッチャー。

まさに圧巻です。

このタワーピッチャーの為に、キリンに足を運ぶ人も多いんですよ!

今日は一人なので、タワーピッチャーで盛り上がれず残念。

去年の写真をあげておきます。

       f:id:kataseumi:20170807005228j:plain

6リットル。女子だけで飲みほし、この後ジョッキも頼んだ。

       f:id:kataseumi:20170807005227j:plain

BGMは、昭和後期~平成初期のニューミュージック。う~ん、やるなキリン。

 

サッポロビール

 

サッポロビールに来ました。

やっぱり、北海道に来たら、サッポロよ!

f:id:kataseumi:20170807222508j:plain

       f:id:kataseumi:20170807222509j:plain

北海道の星、サッポロビール。

『ゴールデンカムイ』で、牛山も飲んでいた。(凄い飲んでいた。)株価も、私が買った時はお手頃だった。

今日は、このブースが一番混んでいました。

f:id:kataseumi:20170807222510j:plain

メニュー。

ビールは『黒ラベル』『サッポロクラッシック』『エビス』。中ジョッキが720mlと大きめです。その上に『男前ジョッキ』ありますから(*^_^*)

f:id:kataseumi:20170807222511j:plain

限定品の『富良野シトラス』平日の為、昼は販売なし。(土日祝は昼から)

うわ~、まじか、しくじった!残念・・・。毎年限定品を楽しみにしていたのに~!!
あ、BGMは、平成初期のニューミュージック。私が行った時は、小室ファミリーがかかっていました。wwww。

 

さて、この後ですが

 

ここがブースの最後と思いきや、実は、この奥に『世界のビールコーナー』があるんです。

しかし、足ももう限界。この後引き返す事を考えると、もう一歩も先には行けませんでした。

興味のある方は行ってみてね。

おっ、炎天下、ベンチで昼寝をしているサラリーマン発見。

写真を撮りたい気持ちおさえて『がんばれよ。』と心の中で声をかける。

「頑張れ」って、自粛方向だけど、必要な時や、嬉しい時もあるんだよなぁ・・。

さぁ、奥まで来た所で、お昼ご飯と青空の下での昼ビール!

全ブース回りたい所ですが、夜も控えているので、ここは2つに絞ります。う~ん。

サッポロは必ず!なのであとひとつ・・・・・・。

さてどこでしょう?

 

まずはサッポロです。

 

食べ物大事。ジンギスカンゲット。お昼これだけ、ちょっと寂しい。

         f:id:kataseumi:20170803012549j:plain

f:id:kataseumi:20170803012550j:plain

間違いのない味、サッポロ。昼ビール最高!

皆今頃仕事してるのかな~、とか思いながら、開放感に酔いしれます。

f:id:kataseumi:20170803020922j:plain

サッポロのユニフォームは、ウェスタン調。

快く撮影&ブログアップを許可してくれたおねいさん。ありがとう。

どこのブースも、注文を受ける店員と、配膳の店員と分かれています。

大学生だったら、このバイトしたかった。

みな、しっかり教育されています。

結局最後に決めたのは

f:id:kataseumi:20170803012557j:plain

じゃ~ん、サントリーでした。

キリンはどこへ行っても美味しいしね。

サントリーのビール、数年前に来た時、達人に入れてもらったら味が全然違ったんですよ。

この味は、ここでしか飲めないので残りの一つはサントリーに決めました。

この後は、一旦ホテルに帰り、一休みしたらすすきのへ。足が痛くて地下鉄を利用。

明日は小樽です。

③へ続きます、読んでいただき、有難うございました。