デジカメ水没、オススメ商品を見てきた。

こんにちは、かたせうみです。

先日、長らく私に仕えてきてくれた、オリンパスのデジカメさんがお亡くなりになりました。

水没と書いていますが、水筒の水が漏れていて、水浸しにしてしまったんです。

水浸し経緯

先日、札幌ビアガーデンと小樽を「ぶらり一人旅」していました。

車を使っていたので、水筒持参で運転していました。

で、家路につき、荷物を持ち、車のドリンクホルダーに入れていた水筒を、バッグに無造作に入れた所、蓋がぴったり閉まっていなくて、バッグの中は水浸し。

バッグに入れていたデジカメや、モバイルバッテリーにも沢山かかっていたらしく、デジカメは常に通電、誤作動状態に・・・・・(涙)

f:id:kataseumi:20170803172400j:plain

グーグルで調べて、暫くジップロックに、米粒と一緒に入れて乾燥させていましたが、ある程度復帰したものの、モニターが真っ暗状態・・・。

修理に出すか、買うか・・・・・、迷っていたんですが、購入する事に決めました。

自称陸マイラ―の家電購入は、ビックカメラに決めている

そんなこんなで、本日デジカメ購入の為、ビックカメラへ・・・。

何故、『ビックカメラ』なのかと言うと、ビックカメラのポイント『ビックポイント』を、JALマイルにつける事ができるからなんです。

通常、ビックカメラのポイントは10%(それ以上もあり)。

50,000円買ったら、ポイントが5,000円分付き、次のお買い物に充てる事ができます。

このポイントを、JALマイルに充てるわけです。

但し、マイルにするには還元率が大きく減少します。(10%ポイントの場合は、3%の還元率になります。ので、マイルの場合は1500マイルですね。)

ビックポイントは、還元率が高いので、そのままビックポイントにしておいた方がお得なんですが、正直家電てそんなに買いますか?

しかも、ビックカメラが近くにあれば良いでしょうが、そうでもない所に住んでいれば、ポイントを流してしまう事も多いのでは?

それに、通常のお買いもので1500マイルを貯めるためには、単純計算で30万円ものお買い物をしなければいけないのです。(200円→1ポイントとして。)

因みに、一度ビックポイントにつけておいて、さらにJALマイルに交換する事も出来ます。が、還元率がさらに下がり、得策ではないのでオススメできません。

詳しくはこちら

www.jal.co.jp

WAONと併用

私は、電子マネーのJMBWAONというカードを使っています。

こちらも、WAONポイントという、ポイントがつくんですが、そのポイント分をJALマイルにするポイントカードです。

詳しくはこちらを見てね

www.jal.co.jp

ビックカメラで買い、ビックポイントをJALマイルにし、支払いもWAONで行い、ポイントをダブルで取ると言う算段です。

ANAマイルは、ポイントサイト経由での高還元率のポイントゲット方法ありますが、沢山の方が詳しく書いていらっしゃるので、省きますね。

JALマイルの場合は、なかなか貯めるのが難儀なんですよ。

ANAマイル、私は主にハピタスを使っています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 カメラを物色

今回の予算は、5万円以内。評判の良いSonyの『サイバーショット』が第一候補です。

このカメラは、間違いなく良いカメラ。レビューもすこぶる良い。

ズームも50倍で、手にフィットする形。大体、液晶モニターの画像からして綺麗。

軽くないので、安定感があります。

思わず即買いしそうになっちゃいました。

でも、やっぱり大きくて重いんですよね。

ちょっとバッグに忍ばせる、と言う感じで持てないので、今回は見送り。子供がもっと小さければ、運動会や少年団、発表会や卒業式で大活躍したかも。

大きいのが難なら、もっとコンパクトな物もあります。

これも候補だったんですが、結局同じ価格帯で、画素数とズーム倍率の高い、Canonの『パワーショット』を購入しました。

まだ使っていないので、レビューは書けませんが、以前の物よりズームが効くようになったので、楽しみです。今度は水に気をつけなくっちゃ。

所で、気になった1点がありまして

今回、防水のカメラも考えたんですが、防水の物は画素数が低かったので、ひとまずある程度の物をひとつ買う事にしました。

防水は、2台目に持つものなのかな。

 

そのなかで、ひと際異彩を放つカメラがディスプレイされている。

これだ!

f:id:kataseumi:20170806005319j:plain

奇抜なデザイン、どうやって使うのこれ!ちょっとこれ持って私は歩けないなぁ~・・・。と見ていたら、CMが流れていて、すごく楽しい写真が撮れそうなんです。

説明するより、こちらの動画をご覧ください。

    
CASIO EXILIM FR100 Movie "セルフィー” in Saipan

冬バージョンはこちら

    
CASIO EXILIM FR100 ハイライトムービー スノーボード

セルフィー専門のカメラで、レンズとモニターが別にできるんですね。

防水もついていてとってもタフ。私の記憶が確かなら、以前テレビで、にこるんが使ってたものと同じだと思います。

これ、考えた人凄いなぁ。

凄く楽しそうな写真が沢山撮れそうです。

動画後半にあるような、砂浜の穴にレンズを入れて覗きこんで写真を撮る。なんて素敵な写真、いいねが沢山貰えそうですよね。

若かったら買ってたな~。

これも思わず買いそうになりましたが、画素数が1020万画素。

実際に買おうと思っていた物の半分なんですよ。

ズームも4倍。

セルフィー用ですしね、仕方ない。

お店の方は、「公式では1020万画素ですが、実際は1200万画素あるんです。」って言ってましたが、う~ん。ちょっと物足りない感じ。

そこまで画素数の違いって、近写なら変わらないのかもしれないですが、数字で見せられると弱いんですよね。

第一、セルフィーほとんどしない・・・・・。

と言う事で泣く泣く諦めました。

お金持ちだったら買っていました。

よし!次回、ビーチに行くまでに買うぞ!(セルフィーする気か?)

今、小樽のぶらり一人旅の記事を書いています。

以前のカメラはそこで壊れたので、以降の写真は新しい物で撮影して、アップしてみたいと思います。

読んで下さり、有難うございました。