仁木サクランボ狩り~京極名水ゲットだぜ①

こんにちは、かたせうみです。

ある日、娘と争う様にパックのサクランボを食べていた所、『お腹一杯サクランボが食べたいねぇ。』という意地汚い話になり、速攻でサクランボ狩りの計画を立てました。

という事で、サクランボ狩りに行ってきたお話を、名所の紹介と共に書きたいと思います。

今回の行程

今回の予定は・・・・・

  • 仁木町でサクランボ狩り 
  • 余市町ニッカウィスキーで工場見学
  • 羊蹄山の麓、『噴出し名水公園』で美味しい水の汲みだし

 です。

今回も珍しく夫が同行、前回の道の駅めぐりが楽しかったようです。

息子はセミナーの為欠席。

サクランボ狩りからは、こんな感じのルートです。

仁木から名水の「噴出し公園」まで、近いと言えば近い。

地図を引いて見てみてください、北海道って広いね~。

 

 早朝、サクランボを目指して出発

まずはサクランボ目指してGO!

お目当ての農園は『観光農園さくらんぼ山』です。

仁木町には、沢山の観光農園があり、春の苺~サクランボ、りんご、ぶどう、ブルーベリー、プルーン等、雪が降る前まで 果物狩りが楽しめます。

その中でも『さくらんぼ山』は、読んで字の如く、山一つがサクランボ農園。

農園の規模が大きく、レストランもあり、お土産も買えるので、つい、いつもここに来てしまいます。

さくらんぼ山 観光農園 - ホームページ

 ツアーバスも来るので、とりあえず早朝出発します。

遅くなると、ツアー客に食べられて、サクランボの赤い所が無くなっちゃう!

そして乗車後、速攻で寝る娘。

お腹空いたけど、コンビニ寄らず一直線で余市方面へ。

札幌方面から延々高速を飛ばし、終点降りるとそこは小樽のすぐ手前。

急に街並みが変わります。

小樽も一大観光スポット。9時前なのに、既に観光客で賑わっています。

思わず小樽に寄りたい気持ちをぐっと堪え、国道を余市方面へ。

途中海が見えて、気持ちいい道です。

このまま国道のトンネルを抜けるようナビが指示してますが、あまぁ~い!

今日は時間が早くて比較的空いていますが、ここは凄く混む所なんです。

高速道路が終わり、余市、積丹への一本道。

果物狩りなら、トンネル手前の道を「仁木フルーツパーク」の看板を頼りに左に入りましょう。

この道は「北後志東部広域農道」という農道で、通称『フルーツ街道』と言うんですよ(*^_^*)農道と言っても、舗装された走りやすい道ですからご安心を。

農道に入れば、ナビはすぐにそちらの案内を始めます。

ナビが無くても、そこ此処に看板があるし、道も一本ですから大丈夫。

あまりにお腹が空き過ぎて

 とりあえず、目的地周辺到着が最優先だったので、まっすぐ向かいましたがこの辺で空腹が限界値。

さくらんぼ山の5キロ手前には、「フルーツパーク仁木」という広大な公園があります。

レストランやカフェがあり、小さい子供も喜べる遊具、そして、立派なコテージがあります。

時間は早いけど、『冷やし中華』ののぼりが出ています、もう我慢出来ん。

フルーツパーク仁木

f:id:kataseumi:20170723212212j:plain

 奥の茶色い建物はコテージです。かなりの大人数も泊れます。

フルーツ狩りに海水浴場、ちょっと足を延ばして積丹、小樽と、近くには見所もたくさんあります。

更に奥に見えるレールの様なもの、ローラー滑り台です。

おぉ~ロング~。

お尻が痛くならないよう、貸し出し用マットも用意されていました。

f:id:kataseumi:20170723212214j:plain

f:id:kataseumi:20170723212215j:plain

デッキで食事ができる様です。

生ビールののぼりも・・・・・・

f:id:kataseumi:20170723212211j:plain

センターには、一目瞭然の観光マップや、パンフレットが

f:id:kataseumi:20170723212213j:plain

なかなか良かったフルーツパーク。

実は以前泊ろうとしたんですが、予約で一杯だったんですよね。

コテージにはバーベキューテラスもあるみたいですよ。

子供がもっと小さい時に、もっと連れて来てあげればよかったなぁ~。

www.fruitpark-niki.com

さて、フルーツパークの事を書きましたが、さすがにこの時間ではレストランやっていませんでした。

カフェはオープンしていたのですが、カフェなだけに、お洒落スムージーとアップルパイとかしかない!!

私には少し無理な相談です。

娘「アップルパイでいいじゃ~ん!」(←甘いものが好き。私、どちらかと言うとしょっぱい物の方が・・・)

や、好きだけど、これからサクランボ食べるのに甘い物とか無理・・・。

育ち盛りで別腹がある娘は放っておいて、仕方ないので『さくらんぼ山』へ・・・。

コンビニ?あるわけないでしょう。

おにぎり、にぎってくれば良かった・・・・。

少し走ればさくらんぼ山

着いたー!さくらんぼ山!!

混雑する所なので、入口から駐車整備のおじいちゃんがいます。

若い子もいるけど、おじいちゃんが多い。

ここで、北の方を知らない方に説明します。

 東北以北、特にここ北海道は冬の間雪に閉ざされるのは周知の通り。

夏の間は、この様に観光農園、夏場に進める公共工事、冬は閉めるけど夏は忙しいゴルフ場諸々・・。あとはトマトやブロッコリー農家とか・・・。

春から雪の降る前の間のみ雇用される仕事があるんです。

『季節雇用』といいます。

キャディーさんとか、一旦冬で仕事が終わり、季節の一時金(という国の制度で、雇用保険の一種)を貰います。

冬の間は何してるのかと言うと、休んでたり、これまた冬の間のみの仕事をしたり(スキー場とか、臨時採用系)あったかい地方でキャディーをしたり。

そして、また春になると、自分のホームへ帰るという。

そういう働き方をしている方も多いんですよ(*^_^*)

農園も、通年では雇えない。

ですから、年金をもらっているおじいちゃまはちょっとありがたい存在。

そして、今の60代以上、お元気です!

気候も雰囲気もいいので、私も思わず夫に「定年したら、夏はここで雇ってもらったら?」とか言っちゃいました。

働いている方は大変だと思うのですが、そういう良い雰囲気が、この辺にはあります。

さくらんぼ

余談が多くなりました。

駐車場に案内されて、いざ出陣。

こちらの農園では、各人に半透明ビニール袋を渡します。

農園内には、カバンを持って入れません。

貴重品やカメラは、その袋に入れて持ち歩きます。

なるほどね、納得。

誰も文句は言いません。

これは、下の駐車場を見た風景。

マイカヤックを積んだ車が沢山。キャンプ帰りか、これから行くのか・・・

うらやましい。

ここからニセコは1時間程度です。

f:id:kataseumi:20170723212219j:plain

 色々売ってます。

今更『ツインピークス』を見ている息子の要望に応え、チェリーパイ購入。

f:id:kataseumi:20170723212218j:plain

奥は出荷用作業スペース。お母さん方が、丁寧にサクランボの箱詰めをしています。

近くのスーパーでも、ここのサクランボを見かけます。

f:id:kataseumi:20170723212217j:plain

お腹空いた・・・・・・。

レストランへ行ってみると、ジンギスカンとカレー。

但し、カレーは予約が必要で、団体20人以上。

ダメだ・・・・・。

ジンギスカンはすぐに食べられるとの事。

もうお腹空いたので、ジンギスカン食べたい!!!

しかし、ここで娘の理性が働く。

「ここでジンギスカン食べちゃダメだよ!!」

そうだね、そうだね、サクランボが食べられなくなる(涙)

夫は、いつ何時でも食べられる人だから放っておいて・・・・。

娘、閃く。

「ジンギスカン用のおにぎりが買えるみたいだよ。」

あっ!

めでたく、ジンギスカン用おにぎり(梅のみ)をゲットし、テラスで3人でぼそぼそと腹ごしらえ。

いよいよサクランボを狩りに行きます!

②へ続く。

さくらんぼ山押しですが、他にもたくさん素敵な観光農園ありますから!

niki-kanko.jp

サクランボ狩りの後は、ニッカウヰスキーを見に行きます。

読んで下さった方、有難うございます。