少量の飲酒でも脳に委縮が起きる記事を読んで『終わったな』と思った瞬間

こんにちは、かたせうみです。

自分の ブログでも、よくビール写真をアップしていますが、私はかなりの酒飲みです。

ウィスキー以外は何でも飲むんですが、始めはやっぱり「ビール」ですよ。

「世の中で一番おいしいと思う飲み物は?」という問いには、速攻で「ビール」と答えるでしょう。

そんな私、先日Yahooニュースか何かで、『少量の飲酒でも、脳の委縮が起きる』という記事を読みました。

ガーン!!!

f:id:kataseumi:20170721012937j:plain

脳が委縮という事は

  • 記憶障害
  • 怒りやすくなる
  • 判断力低下
  • アルツハイマー その他諸々

 怖い・・・怖すぎる。

発がん率が高くなる・・・とか、寿命が飲まない人より多少短い・・・とかなら良いんですが、脳の委縮は困ります。

確かに二日酔いで死ぬ思いをしている時は、『一体いくつの脳細胞が死滅しているんだろう』とか考えて、自己嫌悪になりますよ。

うすうす、「悪いんだろうな」とも感づいてました。

でもどうすれっていうんですか?

最近、物忘れがひどくなったのも飲酒の弊害でしょうか?

ーいいえ、それは年齢ですよ。ー(天の声)

しかも、「飲みすぎると悪い」ではなくて、「少量の飲酒でも」ときたもんだ。

こんな、人生半分過ぎたとか書いてますが、あと半分どうしたらいいのでしょう。

話は飛びますが、私はタバコを吸いません。

今迄吸った事が無いのかというと、そうではなく、28歳くらいまでは吸っていました。

当時は喫煙について今よりもっと寛大で、喫煙人口も多かったのです。

タバコがファッションだった時代です。(賛同してくれる方はいるはず)

止めたい気持ちもあったけど、誘惑に勝てずいつも挫折していました。

では、何故止める事ができたのか?

実は、妊娠に伴うつわりで、とてもじゃないけどタバコどころか、煙も、何もかもダメになり、禁煙外来やニコレットのお世話になる事なく苦労せず止める事ができました。

そして今に至るので、20年近く吸っていません。

変化と言えば、すごく鼻が利くようになりました。

今迄全く分からなかったのに、その人に付いた、たばこのにおいがはっきりと分かるようになったり 、香水にも敏感になりました。

f:id:kataseumi:20170725012639j:plain

と、いうことは

お酒をやめると、どこかが研ぎ澄まされるのでしょうか???

少なくとも、二日酔いで1日潰したり、晩酌した為、持ち帰りの仕事が終わらなかったりはなさそうです。

20年以上前から、アメリカのテレビドラマなんかで「コーヒー、ノンカフェインね。」

なんていうセリフも聞きますが、このままお酒やたばこ、カフェイン等が敬遠される世の中になり、嗜む人がいなくなったら・・・・・もしかしたら、人間は次のステージへ行けるのか・・・・??

なんて事を考えながら、今日もビール飲んで「生きてるってこれだね!」とかいっております。

 

でもさ、お酒は紀元前からあるし、神事にも使うわけですよ。

この飲み物には、意味があると思うの。

休肝日を増やしたら、脳の委縮が止まるとかないかなぁ~?

かたせうみでした。

読んでいただき有難うございます。

飲まない方にはまったく面白くない記事でごめんなさい。