人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

子育てもひと段落、人生も半分過ぎたものだから、旅行に行ったり色々トライした事を書いていくブログです。

【検証】ティファールアルティメットスチームパワーアイロン!

アイロンを買い替える!

こんにちは。

普段は会社員として、2児の母として

休みの日は昼過ぎまで起きないぐうたら主婦の片瀬です。

因みに夫はいますが、妻としての役割はほぼ足りてないと思われます。

内助の功ってなんですか? 

さて、自宅のアイロンが調子悪いまま、騙しだまし5年程使いましたが、ついに使えなくなり、新たな購入に踏み切る事となりました。

 使用していた物は、国産メーカー某P社のコードレススチームアイロン。

比較的上位モードの物です。

買って1年もしない間に接触不良となり、手で押さえていないと温まらない状態に。

あたりが悪かったんだと思いますが

「もうコードレスは買わん!!」

と心に誓い、ネットで次なる商品を検索。

後悔なんてしたくない!

 ネットで情報収集

さて、色々ネットから情報収集するに、自分ちの国産某P社の物が評判いいとのこと。

うっそだぁ~!

だってすぐ壊れちゃったし。

 

普段は、「電化製品は国産 !」と信じて止まない片瀬ですが、どうやら舶来品はスチームの威力が違うらしい。

アイロンの歴史も違うしね。

ということで、ここはやっぱり、スチームの威力でティファールを試したい気持ち。

ちょっと不安要素も 

でも、このティファール

「2年で壊れた。」とか

「重い」とかで、あまり評判よろしくない。

しかし、どの評価を見てもスチームの威力には定評あり。

 スチームを重視する理由

実際、我が家は夫が毎日スーツ。

プラス、子供たちの制服のワイシャツの洗濯、アイロンが半端ない。

自分も職場ではシャツ+スカートなので、週末は大量の白物洗濯がっ!! 

まぁ、アイロンかけは、我が家は各自なんですが、壊れているゆえパワーが弱く、ストレス度MAX!

10年以上使用した前アイロンを、現P社アイロンに買い替えた時

スチームの量や使いやすさに当時は感動した。

なので、スチーム量を優先し

『家電は値段なり』のポリシーを信じ

名前も強そうな、『アルティメットスチームパワー』の購入を検討、「カートに入れる」をポチっとしました。

届きました~!

待望のアルティメットという強そうな名前のアイロンがぁ~!

箱にはこんな感じで入っています。         

f:id:kataseumi:20170606005901j:plain

f:id:kataseumi:20170606004957j:plain

おおっ、とんがってる~!

スタイリッシュなフォルムです。

充電用の置き台がなく、立てかけ式。

下のスタンドは一体型で、安定性抜群!

なんですが

危険な面がむき出しでびびる

長年かけ面が下向きにスタンバイされているのに慣れていたので、何とも危険な雰囲気でざわざわします。

でも、自分が子供の頃はこれが普通だったよね。

お陰で火傷したっけ・・・・とか思いつつ。

    f:id:kataseumi:20170606004954j:plain

拡大すると、こんな風になっています。

コードレスの場合は、置き台がついていて、かけ面を下向きにスタンバイできるみたいです。

しかし今回は、パワーが弱いコードレスは眼中にありません。

f:id:kataseumi:20170606005001j:plain

ボタン

上から『スチーム用水タンク補給口』『スチーム切り替えボタン』『スチームショットボタン』です。       

f:id:kataseumi:20170606004959j:plain    f:id:kataseumi:20170606005003j:plain

タンク

水のタンクはカートリッジ式でなく、蓋をあけて直接注ぐタイプ。

特に不便とかは思わないんだけど、う~ん

「日本製って、やっぱりニーズに応えようとする開発力が凄いよね。」と思う瞬間。

        f:id:kataseumi:20170606005004j:plain

温度調節つまみ。

ここははっきり言って、固いし、壊れそうだし、何だか華奢な作り。

フランス人、これでいいのか?

我が家はほとんどワイシャツ掛けなので、高温一択だからいいですけどね。

このつまみ、日本製みたいに滑らかに動きませんよ。

特に弧を描くあたり。壊れそうです。

   f:id:kataseumi:20170606005010j:plain

ハンドル内側のボタン

ハンドル内側のトリガーは霧吹きボタン。

色といい、エヴァンゲリオン初号機みたいです。

ハンガーショットをする時の事だけ言えば、ここはスチームボタンが適正ではないでしょうか?? 

        

f:id:kataseumi:20170606005009j:plain f:id:kataseumi:20170606004956j:plain

掛け面比較。

ティファールはかけ面が広くとられていて、広範囲を短時間でかける事ができます。

自宅の国産P社はレモン型。

小回りが利くように設計されています。

このレモン型なんですが、我が家は「立体フリルのお洋服」とか、「小さい子のワンピース」とかのアイロンがけが無いので、この形の恩恵を感じた事は無いんですよね~。

電源を入れます。 

立ちあがりはやっ!!

下部の電気が消えるまで適正温度ではないんですが、コンセントを入れて、すぐに「ジュワ~」っと音がします。

気になるスチームは・・・・・

   f:id:kataseumi:20170606005005j:plain

ちょっとうまく写真が撮れずに、威力の1/10もお伝えできないんですが

    これはすごい!!!!

通常でも充分ですが、スチームショットを押すと凄いスチームが出ます。

娘、ビビりまくり。

当然音も凄いです。何事が起きたのかと思わせます。

さぁ、いよいよシャツにアイロンをかけます。

     f:id:kataseumi:20170606005008j:plain

 写真が下手でお伝えできず申し訳ないですが、ひとかけでピーっとなります。(ボキャ貧)

その性能

高温・重さ・スチーム・かけ面の大きさ

この4つの特性で、広範囲に、一回滑らせるだけでプレスが完了できます。 

今持っているアイロンは、接触が悪いとはいえ、しわの伸びが悪く、狭い範囲を何回か滑らせる必要がありました。

また、スムーザーなしでは、ピシッと決まるのは難しかったんです。

重さは、確かに重い!

この重さと高温でで強力なプレスができるんだそうです。

しかし、通常のアイロンかけなら、何ら問題は無い様な気もします。

但し、ハンガーショットをするには吉田沙保里位のアスリートでないと厳しいでしょう。

両手持ちで何とかって感じですか。

スチーム量が凄いのに、残念ですね。

普段ハンガーショットを利用するのかと聞かれれば、そうでもないような・・・

個人的感想 

アイロンの滑りは、やはりコンパクトに徹している国産に軍配があがるでしょうか。

ティファール→「つるつる」なイメージが自分にはあったので、意外でしたが。

でも、これもかけると気にならなくなります。

だってしわが伸びるから。

コードも巻き取り式ではありません。

残念。

      f:id:kataseumi:20170606004958j:plain 

国産品は、だいたいこんな感じで持ち運び楽々

コンパクトにしまえて部屋が広く使えるタイプ

こういった面では至れり尽くせりですよね。熱くてもすぐ蓋が出来るから安心。 

結果・・・・

小さなお子様がいたりする場合、コンパクトで、かけ面を下向きにスタンバイできる国産品の方がいいかもしれません。

ティファールは、立てかけ式の為、予測不能な動きをする子供と一緒のときは危ないです。

ちょうど、子供のふくらはぎのあたりに熱した板があるのと同じ。

踊っていた子が、下がってきたときに「ジュッ」としちゃいそう・・・・・

と、妙に具体的な危険ビジョンが浮かびます。

または、かけ面を下向きに置けるコードレスタイプを選ぶのもありでしょうか。

一方、アイロンかけに多大なストレスを感じる方(自分)は、スチームの威力やプレス力、かけ面の広さから、ティファールをお勧めします。

我が家は、皆大きくなったので、危険な事がほぼ無くなりました。

かけ面のむき出しも2日で慣れました。

アイロンに費やす時間が減ったので、これは、自分としては、かなり良い買い物をしたと満足しています。

アイロン時間半減です!

ハンガーショットはどちらもできますが、専用品でないので、いかな軽量国産品でも苦労が要ります。

学生さんの一人暮らしなら、全然4000円位の軽量品で充分でしょう。

でも、日々の家事でひ~ひ~言っている方、試してみる価値ありますよ。

私が購入したのはこれです。

通常グレードなら5000円位からあります。

口コミで評判良かったものです。 

あとは、、、「壊れやすい」という口コミですが・・・・

買ったばかりなので何とも言えません。

でもいいの

だって、今持っているやつは1年で接触不良起こしちゃったんだもんね!!!

 

読んでいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク