人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

子育てもひと段落、人生も半分過ぎたものだから、旅行に行ったり色々トライした事を書いていくブログです。

函館に桜を見に行ってみたけど、だいたい終わっていた件②

こんにちは。

GWに桜を見に、『函館』『松前城』を訪れましたが、目的の桜がほぼ終了していた旅行記です。 

松前藩屋敷

松前公園をぐるっとめぐると、奥に『松前藩屋敷』という、テーマパークというか資料館的なものがあります。

息子「ちょっと見てみた~いチュー!」 

なにぃ~?

一見してしょぼそうなのに、興味あるんだぁ、と、親バカなので家族で見学する事に。 

息子は小学生じゃありません、高校3年生です。

ところがどっこい、意外と見応えあったんですよ。

こんな感じです。

中には撮影スポットもあります。

今にも町娘が出てきそうです。 

貞子の井戸!?ガーン 

各建物の中は、実際に上がる事が出来ます。

中村主水(なかむらもんど、知ってる?)が中にいて、菅井きんに「婿殿っ!」とか言われてそう。

建具の感じも風情があります。 

入場料は350円。

お城の中にある松前城資料館とのセット券もあります。 

これは楽しかった。

良い買い物しました乙女のトキメキ 

実は

ここは1時間がいい所かな~? 

位に思っていたんですが、思いの外家族の食い付きが良く、およそ2時間30分滞在しました。 

よくよく考えたら、夫は自称城マニアだった。 

桜が少なかった割に楽しめた事に気を良くし、観光協会のアンケートに答えました。 

すると

くじ引きで息子、松前漬をゲット! 

でかした!帰ったらこれで一杯やろう!  

帰って開けてみたら、数の子がたくさん入った松前漬でした。

ごちそうさま。

 

この後、ホテルのチェックインを気にして、松前城を後に。 

トラピストへ寄ろう

途中、トラピスト修道院があるので、立ち寄るのもおすすめです。 

ソフトクリームが美味しいですよ。 

売店があるのみなんですが、修道院への踏切を渡ると、長く続く並木道があり、高い階段を上ると修道院が見えます。 

一般の入場はできません。 

並木道がまるでヨーロッパの片田舎のようで、さらに閉ざされた門の中にある修道院が美しくミステリアス。 

「静謐」とはこういう雰囲気の事を言うのだと実感します。

面白いものは何もないですが、近くに行く事があれば、立ち寄ってみてください。 

こんなに説明したのに、画像が無いとは何て事でしょうムキー!!!!

夕方で、大量の雪虫が発生していたため、カメラ係があきらめました。

興味のある方は、グーグルの画像で確認してみてください。

一路函館へ。 

本日は函館駅で泊り、明日は五稜郭ジンギスカンして帰ります。

③へ続く。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク