人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

子育てもひと段落、人生も半分過ぎたものだから、旅行に行ったり色々トライした事を書いていくブログです。

ガーディアンズオブギャラクシー リミックスを観てきました!

こんにちは。

アメリカへショートホームステイに行っていた息子が、ステイ先のファミリーに感化され、にわかマーベルファン状態です。
 

今回は、レイトショーの為、無理やり保護者として観賞させられた、この映画の感想についてお話します。

画面左から、ネビュラ、ヨンドゥ、ロケット、ガモーラ、グルート(あっ、見えてない)、クイル、ドラックス

 

先に申し上げますが、私は、マーベルやDCに全く詳しくはなく、キャプテンアメリカ?知ってるよ!」レベルなので悪しからず。

で、感想ですが・・・
  

第一作を知らない私でも楽しめましたにやり

でも私、キャラクターの名前を覚えるのが苦手なんです・・
 

写真センターのお姉さまは、”ガモーラ”と言うんですが、『アボカドのディップって、たしか”ガガモーレ”だっけ。』とか『あら?シルベスタースタローンじゃないの、久しぶり。』とか諸々の突っ込みいれたかったんですが、映画館なので、勿論静かに観てました。 

 

ネビュラとか(ガモーラの妹)、何だか今にも触手で攻撃してきそうな名前です。(しません。なかなか、かっこいいです。)

 

トーリーは、(おそらく)主人公のピーター・クイルの、生まれに関してですね。
「I am your father」と名乗りがあり、実際に確かめに父親の星へ行っている間、留守番のロケット達は追手に囲まれ~という内容ですが、後半、話的にも画的にも美しい場面があり、不覚にも感動。全体的には纏まっている印象です。

 

そして、久々のロッキーバルボアよりも驚いたのが、はるか昔、遠い彼方の記憶呼び覚ます白いアヒル!

 

ん?あれって”ハワードザダック”じゃないの?

若かりし頃、次々とロードショーされるSFX映画の華麗なる駄作!

家に帰って速効調べましたが、ダックはマーベルの一員だったんですね、20年以上知らずに過ごしてきました。(観たのに・・)
 

 

さっきまで記憶の彼方だったのに、青春時代って恐ろしいですね。

 

実際・・・・・
バトルシーンが秀逸とか、映像が迫力と言うわけでもありませんが
「あの父親、マモーだよね?」とか
「宇宙に放り出されると、みんなカーズになるんだね。」

などと、年齢まるだしで分かる人にしか分からない会話も楽しむ事が出来ます。
 
さて、にわかですが、一応前作観ていてる息子に感想を求めた所、「面白かった。マーベルらしく適当だよね!前作の方がマーベルらしい下らなさが満載。」
とか言ってましたが。。。
 
 
それは褒め言葉なのかのう・・・?
どーなっとんじゃ、この映画。
 
 
次回は、このブログのテーマでもある、旅について書きたいと思います。
 
おつきあい下さり、有難うございました。

スポンサーリンク